いじめ問題

イジメ問題

大分のいじめ問題

私たちには一人ひとり個性があり、その存在によって関係が成り立ち社会が形成されています。 個性により価値の再認識ができて新しく創造することができます。 しかし、その個性によるいじめが起こっています。
イジメ問題

子どもの人権

私たちの生活する地域で「子ども」の存在は大きいものです。社会の大部分は大人によって形成されていますが、その社会の中心は子どもでなければなりません。子どもが安心して暮らせる社会、それを創ることが私たち大人の義務であり、関心を示していかなくてはならない課題です。
イジメ問題

イジメは社会で解決

新広島県廿日市市立中学校3年の女子生徒が自殺した問題で、同じ運動部の2年生が女子生徒の自殺直後に、部活動内でいじめがあったことを顧問に伝えたが、学校と市教委が保護者に「うわさを広げないで」と口止めととられかねない電話をしていたことがわかりました。
タイトルとURLをコピーしました